災害発生状況

建設死亡災害事例

30年に都内で発生した建設死亡災害事例

  業種 職種
年齢
経験
事故の型
起因物
発生状況
1 1月 建築工事業 とび工

30歳代

1年以上5年未満
はさまれ、巻き込まれ

移動式クレーン
RC造新築工事で、被災者が作業構台の端から地下階の状況を確認していたところ、旋回した移動式クレーンと作業構台の手すりの間に挟まれた。
2 2月 建築工事業 塗装工

60歳代

30年以上
墜落、転落

足場
被災者は、3階建の建物の外壁塗装工事で、外部足場と建物躯体に足を乗せて既存の外壁コーキング材の撤去作業を行っていたところ、約2メートルの高さから墜落した。
3 3月 建築工事業 土工

60歳代

30年以上
墜落、転落

開口部
オフィスビル新築工事現場で、内階段のコンクリート打設作業を行っていた被災者が、4階開口部から約10メートル下の地上まで墜落した。
4 6月 建築工事業 とび工

20歳代

5年以上10年未満
墜落、転落

足場
被災者は、木造家屋新築工事に伴う先行足場の組立作業において、最上段の手すりを取付けるため、その下の手すりに足を乗せて取り付け作業を行った後、該当箇所から墜落した。
5 6月 建築工事業 解体工

30歳代

1年以上5年未満
飛来、落下

その他の仮設物、建築物、構築物等
被災者は、解体現場でのダクトの撤去作業を行っていたところ、該当ダクトが落下し、被災者の頭部に激突した。
6 6月 建築工事業 解体工

20歳代

5年以上10年未満
飛来、落下

フォークリフト
被災者は、トラック荷台より鉄骨部材を降ろす作業中、荷台の反対側で作業していた別の労働者が、フォークリフトの爪を荷台の鉄骨部材の下に入れ、降ろそうとした際、被災者の方に鉄骨部材が倒れ、下敷きとなった。

過去の都内で発生した建設死亡災害事例

Acrobat

PDFファイルをご覧いただくためにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、ダウンロードしてからご覧下さい。

ページの先頭へ戻る