災害発生状況

建設死亡災害事例

令和3年に都内で発生した建設死亡災害事例

  業種 職種
年齢
経験
事故の型
起因物
発生状況
1 1月 その他の建設業 解体工

80歳代

30年以上
墜落、転落

開口部
被災者は、資材置場から用水路へ墜落し、死亡した。
2 1月 建築工事業 とび工

20歳代

1年以上5年未満
交通事故(道路)

乗用車、バス、バイク
被災者は、建設現場から資材置場へ向かうため自動車を運転していた際、前方の車を追い越そうと対向車線にはみだしたところ、対向車両及びその後続車と衝突し、死亡した。
3 2月 建築工事業 とび工

40歳代

20年以上30年未満
墜落、転落

作業床、歩み板
高層ビル新築工事現場において、クライミングクレーンでビルの8階部分に資材を搬入していたところ、搬入した資材を置いたデッキプレートが崩壊し、デッキプレート上にいた作業員2名が荷とともに5階の床スラブに墜落した。(1名死亡、1名重症)
4 2月 土木工事業 作業者・技能者

50歳代

10年以上20年未満
崩壊、倒壊

建築物、構築物
公園内で曳家(台車やレール等を用いて建物ごと横に移動させる方法)により公衆トイレの設置作業を行っていたところ、地盤が崩れたことによりトイレ本体(縦横約2m)が倒壊し、当該トイレと土壁の間に被災者が挟まれた。
5 2月 建築工事業 土木

50歳代

10年以上20年未満
墜落、転落

金属材料
高層ビルの新築工事現場において、被災者が地山の掘削面の上部付近で、仮囲いに立て掛けてあった養生金網を別の場所に移動させる作業を行っていたところ、当該金網の束が手前側に倒れたため、被災者が押し出されて地山の掘削面の約2m下に墜落した。
6 3月 建築工事業 作業者・技能者

40歳代

10年以上20年未満
飛来、落下

玉掛用具
ビルの新築工事現場において、クライミングクレーンで荷(鉄筋馬を束ねたもの)を吊り上げていたところ、9階付近で荷崩れ、落下し、当該現場内を移動し公道上に出た被災者に接触した。
7 4月 建築工事業 その他の作業者

20歳代

1年以上5年未満
墜落、転落

開口部
高層ビル新築工事現場の地下3階で養生材を片付けていた被災者が、直径65cmのマンホールの穴から4.5m下の地下4階に墜落した。
8 4月 建築工事業 配管工

40歳代

30年以上
墜落、転落

その他の仮設物、建築物、構築物等
鉄筋コンクリート造建物の新築工事において、6階床スラブの型枠支保工(角型鋼管、デッキプレート等で構成)及びパイプサポート支柱等で補強した荷置き用構台(以下「荷置き用構台」という。)に鉄筋工事業者が鉄筋の束(約12トン)を載せたところ、荷置き用構台が崩壊し、墨出し作業を行っていた作業員が約4m下の5階床に墜落し、さらに落下してきた鉄筋の束等の下敷きになった。
9 4月 建築工事業 内装工

20歳代、40歳代、50歳代

1年以上5年未満、10年以上20年未満、30年以上
有害物等との接触

異常環境等
マンションの機械式駐車場地下ピットの天井ボードの張り替えを施工していたところ、同所に設置されていた自動式二酸化炭素消化設備が誤作動を起こして消火用の二酸化炭素が噴出し、二酸化炭素中毒により、社長及び労働者3人が死亡、1名が負傷した。
10 8月 建築工事業 防水工

50歳代

10年以上20年未満
墜落、転落

開口部
外壁改修工事において、防水作業をしていた被災者が、足場と躯体との間から約3.5m墜落した。
11 8月 建築工事業 移動式クレーン運転者

50歳代

1年以上5年未満
激突され

移動式クレーン
解体工事現場において、被災者1名で、当該工事で使用していた防音パネル50枚(重量約500kg)を木製パレット上に載せ、パレットの下側に単管パイプを通し、その単管パイプの両端にナイロンスリングベルトを掛けて積載型移動式クレーンで吊り、荷台へ積み込む作業をしていたところ、何らかの原因で防音パネルが傾き、被災者が当該パネルと地上に積んであった足場板材の間に胸部を挟まれた。

過去の都内で発生した建設死亡災害事例

Acrobat

PDFファイルをご覧いただくためにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、ダウンロードしてからご覧下さい。

ページの先頭へ戻る